賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@active5eiko なるほど、賃貸派か持ち家派かは難しいですね。 ただ問題はインフレになるとローンは上がらないけど 賃貸料は上がることと年取った時に貸して貰えるかの 老人の賃貸事情がよくわからないこと。 自分のマンション持ちつつ人に貸して自分は賃貸住み という保険掛けた選択肢もあるのかなw

カミナリ鳴っとる~💦それ以来大雨が降る度ヒヤヒヤなのよね~💦結局うちのベランダが汚くて水はけ悪かったからそうなったって言われて保険使って弁償したから~😥全然納得いかなかったけど賃貸だからもめるの嫌だったのよね😣又そうなったら又うちのせいなの?ってヒヤヒヤしちゃう~😱

#菓子製造業 営業許可取得まで ⑤物件決定&契約 renlie-y.com/kyoka5/ 物件の決め手は人と条件でした。 事業用物件の賃貸契約、住居用とどこが違うの? →家賃に消費税がかかる! →住居用の火災保険は適用されない! 引っ越したら開業届の住所変更も忘れずにすること! #お菓子屋 #独立

Twitter山本蓮理@夜に食べても太らない大人の低糖質スイーツ@renlie

返信 リツイート 昨日 22:23

B 対象不動産の総費用は、賃貸用不動産にあっては、減価償却費(償却前の純収益を求める場合には、計上しない)、維持管理費(維持費、管理費、修繕費等)、公租公課(固定資産税、都市計画税等)、損害保険料等の諸経費等を、

Twitter不動産鑑定評価基準_bot@kijyun_bot

返信 リツイート 昨日 20:16

アパートの賃貸契約の際に保証会社と契約しますけど、彼らって結局は家賃滞納時の取り立て人でしょ。 どう考えても貸主のための保険なのに、何故か借主がお金を払うのよ。解せぬ。 まぁ仕方ないし文句も言わずに払うけどね。

国民健康保険は世帯単位で管理されており、同居人に何かしら不備があった場合には世帯主に連絡があることを学んだ。国保に未納があって、同居人に知られたくない場合、賃貸なら世帯主になる方が秘密は守れる。

Twitterきなこ@はてなブログ@ki7ko_sp

返信 リツイート 昨日 13:03

仕事は資格ですぐそれなりに見つかるだろうけど賃貸契約が間に合うのか… 保険証関係考えるとこっちで別れてから引っ越す方が楽そうだけど。 協議でまとまればいいけどまとまらないときどうするか…→

Twitterまめ@離婚する!まず別居計画から@y6kdisk

返信 リツイート 昨日 12:43

RT @a_n_tokyo: これから先は、既婚子持ち共働き女性と保険料を支払っていない専業主婦が同じ扱いにはならないと思う。支払わずに貰う額は同じ、とはいかない。政府に金がない。働かずにもらおうとした人が老後に金がないなら家売って、それでもダメなら生活保護で月3万とかの賃貸に…

Twitterわかめ❤️Wakame 🐿@aozukinsan

返信 リツイート 昨日 10:37

もうすぐこの家住んで2年 更新費、火災保険賃貸保証などなどで10万飛ぶの辛いなー

民間賃貸では業者指定の火災保険に強制加入ですが、UR賃貸では加入は任意です。 よく勘違いされる方がいるのですが、任意だからと言って入らなくてもいいということではありません。 何かあった時に人生が壊れます。 僅かな掛け金で人生が壊れるのを防げます。 示談交渉付きの保険がオススメです

TwitterUR賃貸サポート@UR_rent

返信 リツイート 昨日 9:00

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。