賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

はじめての独り暮らし!大家さんから求められる火災保険賃貸物件の関係について hokenwalker.com/homeowner-rent… #火災保険 #賃貸 pic.twitter.com/FO6eVpfz1Q

Twitterやっぱり保険のことなら保険ウォーカー@hokenwalker

返信 リツイート 6分前

自転車の個人賠償保険が義務化された関係で、保険の勧誘資料がいたるところに貼られてる。 賃貸アパートの場合、総合保険に強制加入させられてると思うけど、その中に個人賠償保険が含まれてる場合があるんだよね。僕の場合はもろにこのケース。 #個人賠償保険 #自転車

支出ですが、これにはさまざまなものがあります。 管理費、修繕積立金、賃貸管理会社手数料(賃料集金代行、苦情対応、賃料滞納への対応などを依頼した管理会社への手数料)、固定資産税(年1回)、火災保険/地震保険bit.ly/2Rm4rIQ pic.twitter.com/l8N2ez9mJ9

返信先:@YahooNewsTopics他1人 あらゆる物件は経年劣化をするもので、損害保険料は伴って上昇する。契約時に押さえておくべき、基本的な話かと思います。賃貸契約で新築物件を次々と住み替えていくのも手だとは思いますが、持ち家vs賃貸論は、この記事に示された視点も重要かと思いました。

Twitterしんた FP2級勉強中@wakuwakushinta

返信 リツイート1 17:32

賃貸契約の更新費で家賃1ヶ月分と火災保険の更新分払わなきゃいけないので困っています1月末までですが

はじめての独り暮らし!大家さんから求められる火災保険賃貸物件の関係について hokenwalker.com/homeowner-rent… #火災保険 #賃貸 pic.twitter.com/TjxyUXbeZT

Twitterやっぱり保険のことなら保険ウォーカー@hokenwalker

返信 リツイート 16:46

保険とか賃貸とか長期間お金を払う契約をその場でさせようとする営業の話しは聞いちゃダメだぞ!

マレーシアで店舗賃貸を借りる場合や、車の保険、コンドミニアムの契約、会社設立などなどでは名義を持たない方が得策だと考えていて、金出す人種と思われてるのか、アホと思われてるのか、不動産のオーナーに日本語の名前と下手な英語で連絡した場合と、中華系の名前で中国語で連絡した場合値段が違う

んがー 賃貸保険更新の案内が来たが、2年で1.9万ってたけぇな

Twitterちゅっちゅー@AWSチョットワカ…らない@tsuttsu305

返信 リツイート 11:22

RT @EzoeRyou: 今の住居を賃貸契約するのに仲介した不動産屋、非フランチャイズ不動産屋で、バカみたいな消毒料や何の意味もないブレーカーを上げに来ます程度の保険は差し込もうとしなかったし、それを指摘したら、「あー、いますよねそういう不動産屋。困るんですよねー不動産屋全体…

TwitterRAN(蒼霊の鈴)@rz91re_z

返信 リツイート 11:05

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。