賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

今住んでる賃貸物件、更新のタイミングで交渉して家賃1.000円下げてもらえた! 賃貸物件で地震保険外すの、都内よりの神奈川ではどうでしょうか… 3.11の時、火災とか起きなかったし大丈夫かなぁ。 地震きても全損で補償額90万くらい。 詳しい方いらっしゃいませんか… #地震保険 #賃貸物件

Twitterにゃにゃまるちゃん゜@nyanyamaruchan

返信 リツイート 19:09

賃貸で部屋借りてる人って、借りるときに火災保険2万円弱位払ってると思うんだけど、あれって退去時に日割りで一部戻ってくるって知ってた?あと、窓割っちゃったり床へこましたり、借主の過失で部屋に傷つけちゃったら、その保険からお金が出るよ。仲介してくれた業者に一度詳しく聞いてみるべし!

日本で収入を増やし支出を抑えるために今考え付くこと: ●収入 本業頑張る、帰国後共働き、副業頑張る、資産運用 ●支出 家買わない(駐在→賃貸→駐在?→賃貸→実家帰り)、クルマ買わない(シェアカー)、高額な生命保険入らない、身の丈にあった教育費、旅行はマイルとホテルポイント+普段の節制 pic.twitter.com/YS67LKiV6h

TwitterSafari Man[サファリマン]@ニューヨーク駐在員@SafariMan7

返信 リツイート 16:45

返信先:@yosimiko0126yum きっとあるよね怪獣保険(・∀・)賃貸で、ちゃんとオーナーが怪獣保険に入ってるかどうか確認してから借りないと!みたいな(・∀・)あってもいいよなと(・∀・)路線価格にもどんだけこの地区は怪獣が出そうかとか加味されるの(・∀・)

私が住んでる地域はミニストップが無いけど今月帰省中にミニストップで賃貸の火災保険料をWAON払いしてきた♡近くにミニストップできてほしい…!

返信先:@naokonz オークランドのRatesの上がり方は異常です。自分の家でも、毎日35ドルを政府に税金として収めています。まるで賃貸と一緒! これだから賃貸のレントが高くなるんです。大家さんは、これを払っているので。保険も異常なペースが高くなっています。

Twitterニュージーランドで公務員生活@Cobu_NewZealand

返信 リツイート 13:53

返信先:@kazkiti_ctf 家を購入する場合、メンテ費が追加されます。計算方法によりますが、毎年 B万円×1% を家のメンテ費で考えることが多いと思います。 日本の税金は詳しくありませんが、それもあります。保険賃貸の時より高い場合が多いかと思います。

TwitterAlexandre Mercier - Amazon FC Ambassador 📦@cyberflamingo

返信 リツイート 12:00

帰ったら賃貸の火災保険探そ…

@kujira_go くじら賃貸の火災保険入ってる? 何か説明あった?

独立系FP会社「住まいと保険と資産管理」では「ライフプラン・シミュレーション」というサービスを提供しており、住宅を購入した場合と賃貸のままの場合、運用率が0%、3%、5%の場合、早期退職した場合など、キャッシュフローの検証を専門のFPが行っています。【実務上ではどうなのよ?】

TwitterFP絶対合格shuzoボット@FP_shuzo_bot

返信 リツイート 11:01

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。