賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

賃貸の更新契約書きたぁ…更新手数料も24時間サポートも保険もあわせたら1ヶ月分の賃料飛ぶんだよなぁ… と思ったら今後保険以外は家主が負担してくれるってお手紙が。神じゃんありがとう

Twitterなこ@27平成最後のひじかたぐみ@mimizuku_kh

返信 リツイート 9分前

賃貸のさ😥地震保険ってどうなるんだろう。加入しませんにチェック入れるようになったけど、西日本豪雨の時、家追い出された人いたし南海トラフ起きたらどうなるんだ?不安だ。。

RT @rachelmiaikuo: 持ち家だと言うと、「損するよ。金利とか税金とか保険代とかもったいなくない?計算したら賃貸の方が絶対徳だって。」と、へびのようなしつこさで聞いてくる人がいるけれど、「あはは、かもね。」と答えておく。 みんな他人の懐事情が気になってるだけなん…

賃貸豆知識】 賃貸の火災保険って交渉すれば自前の保険でいい場合があります! 1万から2万円払っていた保険は過剰な部分もあるので、5000円で住む場合も。

Twitterたま@お家とお金のお話し@tamasan_money

返信 リツイート 35分前

賃貸のライト壊した私がいけないけど…管理会社「自転車保険入ってるならそっちでいけるはず!」自転車保険「火災保険入ってるならそっちでいけるはず!」たらい回し感すごいwwwお金払いたくないのは分かるけどwwwもう実費でいいよ?www

一つ勉強になったのは、賃貸物件の破損(ワンショットに限る)は火災保険で補償してもらえるってこと。ビクビクして住んでたけど、これは大きな安心になるね。

Twitter佐藤俊介(ペー)@yummuy

返信 リツイート 16:17

賃貸住宅管理費用保険』商品概要 →bit.ly/oyJ6Mg

Twitterきばれ保険代理店@kibare_hoken

返信 リツイート 16:07

返信先:@salmon9144 ご存知かもしれませんが、水漏れで家財がだめになったりなにかしら物理的な被害が起きたら、入ってる火災保険が適用されると思うので問い合わせしてみてください………みずびたしこわい 再発の可能性があるなら、賃貸でしたら管理会社に相談しておくのもアリだと思います。

Twitterテロリストとは交渉しない🙅@veck228

返信 リツイート 15:09

RT @you629: そういえば僕の賃貸の契約がスムーズだったのは文美保険(クリエイター専用保険)だったからという説を聞いてびっくりしました。不動産屋は入居者の健康保険をよく見ているらしく、入居審査だと社会保険(会社員の保険)が最強で、国保が最弱らしいです。文美保険にしといて…

RT @you629: そういえば僕の賃貸の契約がスムーズだったのは文美保険(クリエイター専用保険)だったからという説を聞いてびっくりしました。不動産屋は入居者の健康保険をよく見ているらしく、入居審査だと社会保険(会社員の保険)が最強で、国保が最弱らしいです。文美保険にしといて…

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。