賃貸経営と損害保険

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「賃貸 保険」
に関連するツイート
Twitter

火災保険賃貸の更新でボーナス吹っ飛ぶの解せない

Twitterもずくばんじむどー@banngi_mudo

返信 リツイート 昨日 23:39

賃貸で1階に住んでる人は火災保険をもう一度調べ直しましょう。水災縮小になってる可能性ある。台風の床上浸水は風災でなく水災。

返信先:@hamii_im 土地をどこで買うかの問題もありますが、持ち家はやっぱり楽ですよ~👏 維持費はね…ローンの他にも固定資産税やリフォーム代、火災保険等なにかしらかかってきますけどね…( ´∀`) それか当分賃貸で、頭金をある程度貯めてから買うのもありですね🤔

RT @Dufferin_Clark: 何を言ってんだ。外国人の自分は、日本の所得税、住民税、固定資産税、自動車税、消費税、法人住民税に社会保険も全部負担してたし、帰国した今も日本に納税代理人立てて日本にまだ保有する不動産の固定資産税や、不動産賃貸収入に対する所得税も払い続けて…

うちの賃貸は契約的に管理会社が指定してる火災保険会社に入らなアカン。それの更新手続きのやつが今手元に届いてる訳で、2年に一度やるんやけど、今までなんやかんや印鑑押したり項目に○印つけたりめんどくさかったけど、もうソレが無くなってて地震保険に入るか入らんかの2択の振り込み用紙があって

実家最強!賃貸やマンションに住む奴はあほ!みたいなことをマジに思い込む人、そういう手合いに固定資産税やローン、保険について聞くと、途端に静かになるから、まあ、本当に頭が「こども」で体は「おじさん」とはよくぞ言ったものだなと思う。自立してる人は惑わされる必要はないです。

支出ですが、これにはさまざまなものがあります。 管理費、修繕積立金、賃貸管理会社手数料(賃料集金代行、苦情対応、賃料滞納への対応などを依頼した管理会社への手数料)、固定資産税(年1回)、火災保険/地震保険bit.ly/2Rm4rIQ pic.twitter.com/l8N2ez9mJ9

返信先:@xxsmsmsmxx他2人 うちは埼玉で借りてた平屋の屋根が吹っ飛び浸水して修繕不可で退去。賃貸では保険も下りず、支援補助も受け取れないのが残念ですが、募金ありがとうございます。

独立系FP会社「住まいと保険と資産管理」では「ライフプラン・シミュレーション」というサービスを提供しており、住宅を購入した場合と賃貸のままの場合、運用率が0%、3%、5%の場合、早期退職した場合など、キャッシュフローの検証を専門のFPが行っています。【実務上ではどうなのよ?】

TwitterFP絶対合格shuzoボット@FP_shuzo_bot

返信 リツイート 昨日 14:01

こんなこと旦那には言えないが虚弱体質な旦那を持って…この人長生きしないだろうなぁ~賃貸で暮らしててポックリ死んだら生命保険もかけてないし私と子供は賃貸の家賃払い続けないといけないのか~って不安になりマイホームを買おう!とゴリ押しで無理矢理買わせたwww

賃貸物件が火災になってしまった場合には

火災は原則として損害賠償の対象にはなりません。
つまり、隣の部屋から出火し、自分の部屋が被害を受けた場合でも隣の部屋の住人に損害賠償を請求することはできないのです。
もしも放火などの重過失がある場合には賠償の対象にもなりますが、殆どのケースでは賠償が認められることはないでしょう。
賃貸物件の場合は部屋が繋がっているので、1件で火災が発生すると被害は大きくなる可能性があるため、自分の財産を守るためにも個人で火事に備える必要があります。そのために加入するのが火災保険です。
また、守るべき財産ないから保険は必要ないと考える方もいるかもしれませんが、賃貸の場合は原状回復義務が発生します。
要するに、部屋を借りた時と同じ状態にして返すことが借りた側の義務になっているため、火で部屋が焦げた、放水で水浸しになった場合でも家主が修復しなくてはなりません。それを踏まえると、やはり保険への加入は必要なのです。
ちなみに、殆どの賃貸では保険料を家賃と一緒に徴収しているため、個別で契約する必要は必ずしもありません。

賃貸経営と損害保険について

賃貸経営と損害保険 2011年、東北地方と関東地方で起こった未曽有の大震災以降、近年、各地で地震が頻発しています。
設備投資をして収入を得る賃貸経営では、地震や火災で施設に損害を受けると、速やかな補修ができなければときには収入も途絶えてしまいます。
天災のほかにも、思いがけない事故に備えるためには、損害保険の活用が効果的です。
賃貸経営の所得は、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課税されますが、保険の掛け金は必要経費になるので、もしもの備えと節税が一石二鳥で行えます。
また、掛金の金額を決めるベースである料率は、将来的に上がることはあっても下がることは期待が薄く、長期間の契約をすれば割引もあるので、1年以上の期間分をまとめて契約するのも、財務面で有効です。
1年以上の保険期間の掛け金を一括で支払った場合、賃貸経営の所得計算上は、月割りで必要経費に計上して、将来の期間に相当する部分は前払い費用に計上し、期間に応じて経費に計上します。