高級賃貸の評価のポイント

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「物件選び」
に関連するツイート
Twitter

風水建築士の雅之(雅 建築設計室)です。  どんなサービスをしているの?  物件選び【土地】土地の選び方相談 希望の地域について風水的な観点からとらえ、その土地の長所・短所を導き出し、土地選びの判断材料を提供します。 相談は富谷市のハウジングカウンターさんで申込 #風水

Twitter風水建築士 雅之@AmFusui

返信 リツイート 21:07

風水建築士の雅之(雅 建築設計室)です。  どんなサービスをしているの?  物件選び【土地】土地の選び方相談 希望の地域について風水的な観点や周辺環境、土地質、土地の形、道路との関係などのとらえ方など、、 相談は富谷市のハウジングカウンターさんで申込できます。 #風水

Twitter風水建築士 雅之@AmFusui

返信 リツイート 20:33

返信先:@nissie4771 聞こえますか… 物件選びは慎重に…… できれば鉄筋の物件に住むのです……… さもなければ死

みなさん一人暮らしの物件選びで妥協した点はどこですか…

来年の冬までには一人暮らししたいから物件とか暇な時間に見てるんだけどもし実際物件選びするとき○○の部屋にしたほうがいいよとかこういうとこ確認したほうがいいよとかあったら参考にしたいから教えて欲しいです

物件選びのポイント! 1階が飲食店でその上が賃貸スペースになっている物件はネズミやゴキブリ等の心配や夜間帯の騒音などの可能性も考えられます。 女性だけではなく、男性も気になる物件の「夜の顔」を確認しておくと良いですね(^^)/

Twitter賃貸住み替えパートナー@sumikaepartner

返信 リツイート 17:18

マタ垢の皆さん、物件選びしたり引っ越したり新居建築中の方が多い!そりゃそうだよな、新生活に向けて住まいも準備しないとだもんなーと改めて思う🙂うちは今1LDKの賃貸マンションに住んでて、夫は2022年竣工予定の新築マンションを購入する気満々らしい。まだ着工すらしてないんですけど…

物件選びのポイント! 駅からの道のりを調べる時、実際に足を運んで見ることが出来ればベストですが忙しくて難しい場合は「グーグルストリートビュー」を使うと便利ですよ(^_-)-☆

Twitter賃貸住み替えパートナー@sumikaepartner

返信 リツイート 14:18

物件選び難しすぎワロエナイ

返信先:@OJIJIOHYA 僕もまさにこの層です笑 融資前提で物件選びをしますので、中々幅が広がりません💦

Twitterまっく【Lv1大家すぁん】@MAC2019GV

返信 リツイート 13:03

高級賃貸の評価のポイント

住まい選びで高級賃貸を選択する人は、評価のポイントを押さえておくと、物件選びがしやすくなるものです。
普通の賃貸物件の場合ですと、築年数や立地などにこだわって評価していくものですが、高級賃貸と言うのは、魅力的な設備がたくさん付いているもので、それが物件ごとに異なりますから、その部分が大事な評価ポイントとなるものです。
例えば、高級賃貸でよくある設備の一つに宅配ボックスがあります。これがあると、不在時に業者の人が荷物を持ち帰るのではなく、ボックスの中に保管しておいてくれますので、帰宅した時に取り出して受け取ることができます。
また、オートロックや防犯カメラといったセキュリティ設備の整い具合もしっかりとしているものです。
なお、高級賃貸の中でもランクの高い物件になると、コンシェルジュサービスも付いており、さらに幅広いサービスを受けることができると言う良さがあります。
このように、機械だけでなく、人によるサービスがあるかどうかも、評価のポイントとなるところです。

高級賃貸物件に入居する際に利用する保証会社とは

保証会社とは マンションやアパートといった賃貸物件を借りるときは、不動産仲介業者を通すことが一般的です。
賃貸借契約を結ぶ際に仲介手数料や敷金、礼金、火災保険料などの初期費用を支払う必要がありますが、保証会社を利用する場合は保証会社に支払う費用も用意しなければなりません。保証会社とは賃貸物件の入居者が家賃を滞納した場合に、オーナーに対して家賃を立て替えるというシステムです。
保証する内容は他にもいくつかありますが、あくまでも立て替えているだけですから、後から返済する義務が生じます。
高級賃貸マンションのような物件は普通の賃貸物件よりも家賃が高く設定されています。そのため一か月分の家賃を滞納しただけでも高い金額が保証されます。高級賃貸物件を借りるときは保証会社に支払う費用も高くなりがちですが、オーナーに迷惑をかけないためにも必要なシステムと言えるでしょう。
賃貸借契約を結ぶときに支払う初期費用に関しては、あらかじめ仲介業者に説明してもらうと安心です。