安全と耐震性

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「マンション 耐震」
に関連するツイート
Twitter

実際、不動産大暴落は天災レベルの時で旧耐震がばかばか倒れたり湾岸が沈むレベルで、マンションダメなら木造崩壊してるし、そんな時、不動産云々より俺たちの命があるかどうかも怪しいとは思ってるけど、決済までは天災来ないでといつも祈ってます。

Twitterはと🐦ようすけ@jounetu2sen

返信 リツイート5 48分前

これ、結構驚く人多いけど、 多分、川崎市や埼玉県や千葉県よりもネット環境が全く無い物件が、多いと思う。 月30万円でも、5割はそうなんじゃね?芋臭いんだよ。 築40年近い、バブルで乱立したマンションが無数にあるのよ、手付かずで。耐震構造、何それ美味しいの?

返信先:@smilehm99 初めまして。失礼します。 マンションは管理を買え・・・ 今後 耐震 免震 補強 様々なメンテナンスが必要です。 修繕積立金で賄えるでしょうか?

返信先:@pyn68 耐震はガッチリしたマンションなので大丈夫そうです🤔 修繕費にお金掛かりそうですよね! 近々内見してみようかな。。。

しかし宮崎君のマンションが壁うっすい旧耐震ぽいRCでウケるな。

Twitter大ねこのやおやさん@ofroskiski

返信 リツイート 14:15

マンションが危ない】 誤解だらけの耐震改修、「X」字の筋交いは高いだけ(ニュースソクラ) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-…

あと、たまたま見つけた三菱地所レジデンスさんのマンション売却希望者向けページ。 ・新耐震基準 ・首都圏の物件 ・駅徒歩10分以内 ・40m2以上 これをクリアしてればスムーズに売却できますよ、とも取れる。つまり市場ニーズがある=なるべくこれらの項目を満たすのが前提ってことですな。 pic.twitter.com/W5vAroT0cN

Twitterごま@リノベーションマンション購入検討(ゆくゆくは)@goma_reno

返信 リツイート 11:21

仙台市営地下鉄 北仙台駅 歩10分 suumo.jp/chintai/bc_100… 生活環境が整う仙台市青葉区柏木に 単身者~カップル・新婚さん向け2DK賃貸マンション登場! 耐震工事完了、防犯カメラ完備でセキュリティー対策も充実 pic.twitter.com/Kzx5znTbI5

Twitter不動産総合agency ライブリーフAG@liveleafag

返信 リツイート 10:02

住宅のプロの私が地震に弱い“旧耐震”の中古マンションを選んだ訳 beat0909.com/wakuwakublog/f… #0909 @beathouse0909より

現在放送中の楽曲は ID-ANs - 高層高級耐震マンション 聴くには good-air.com をチェック! Youtubeでの配信は 「インターネットラジオGood-AIR!」で検索!

Twitter配信曲確認用インターネットラジオGood-AIR!@GoodAIR9

返信 リツイート 昨日 22:05

賃貸物件は安全面を重視して選ぼう

安全面を考慮した賃貸住宅をお探しの方は、セキュリティが充実しているマンション物件に絞って探してみるといいでしょう。
同じ賃貸物件でもアパートの場合は部屋の玄関を出るとすぐ通路になっており、玄関前までは誰でも入って来ることができます。
その点マンションならエントランスから入って共用部分である通路を通り各部屋の玄関に行く形になります。エントランス部分にオートロックが設置されているマンションなら、入居者以外の人物が簡単に入って来ることはできません。
オートロック設備以外に24時間防犯システムが作動している物件もありますし、管理人が常駐しているマンションもあります。モニター付きのインターフォンやダブルロック等の設備を整えている物件もあり、防犯を意識した造りになっています。
女性の一人暮らしなら防犯設備が充実した女性専用の賃貸マンションがおすすめです。
物件だけでなく周辺環境もチェックして安全面を確保しましょう。

賃貸は耐震性もチェックして選ぼう

賃貸を利用する際に気になるのは家賃、間取り、周辺の環境の良さなども大事ですが、日本は自然災害の多い国ですので、防災対策がしっかりと行われている物件かどうかはよく確認しておきましょう。
特に大地震があった場合はかなりの被害が出ることも予想されますので、耐震性の優れた物件かどうかはよく調べておくことが大切です。
耐震性のチェック 新築マンションや、築年数が新しい物件の場合は最新の耐震基準が採用されていますが、古い物件となると古い耐震基準で建てられていますので、注意して選びたいところです。
物件を選ぶときは構造や築年数はよく調べておき、できるだけ安全性の高い物件を選びましょう。
築年数については昭和56年後半以降に建てられた住宅とそれ以前に建てられた住宅ではかなり耐震性が違いますので、やはり新耐震性基準をクリアした物件はより安心できると言えます。
SRC、RC構造の物件は特に安全性が高いとされていますので、構造についてもよく調べておきましょう。