安全と耐震性

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「マンション 耐震」
に関連するツイート
Twitter

「不動産の教科書」(ソーテック社) 管理費、修繕積立金、長期修繕契約、大規模修繕工事、石綿使用調査、耐震診断、インスペクションetcマンション管理組合調査の全てを伝授します‼️🤓 勝ち残り不動産を見極めよう‼️🤗 amzn.asia/16KN2gj #不動産 #不動産投資 #不動産管理 #宅建士 #マン管 #出版 pic.twitter.com/UjaImS2QMF

これ凄くない?  マンション耐震テスト!?ってくらいメッチャ揺れてる!   てか奈々様自らガンガン揺らしにかかってるし!!  命綱無しでこんなの、ちょっと体勢崩したらアウトじゃん! 正気の沙汰じゃないww pic.twitter.com/9sM4eSHdhH

一階がコンビニになってるマンションとかだったら楽そうだけどお金すぐ無くなりそうだし耐震構造心配だし太りそう、でも羨ましい!

Twitter黒上珠子 Kurogami Tamako@KurogamiTamako

返信 リツイート 昨日 19:40

ってか、うちのマンション頑丈な建物なんかな…www って不意に思ったw 耐震対策されてるかもびみょいしw

Twitter𝕹𝖆𝖓𝖔𝖘𝖚𝖐𝖊❄𝕽𝖆𝖋𝖚𝖙𝖆𝖗𝖎𝖆@NGNYUT___777

返信 リツイート 昨日 16:02

【サーパスシティ西院日照町に住んでみて】 このマンション耐震等級2級のマンションです。マンション耐震等級2級というのは珍しいと購入時に担当の… 続きはこちら→house-johokan.com/mansion/archiv…

住宅のプロの私が地震に弱い“旧耐震”の中古マンションを選んだ訳 beat0909.com/wakuwakublog/f… @beathouse0909さんから

Twitter脳を揺さぶる言葉たち@inatyu_takkyubu

返信 リツイート 昨日 1:01

大和ハウスのマンション耐震スリット施工不良 livenet2.blog77.fc2.com/blog-entry-468…

Twitter馬渕@しあわせデザイン@mabuchi1961

返信 リツイート 6/14(金) 22:15

大和ハウスのマンション耐震スリット施工不良 fc2.to/fegiwLマンション管理組合のための~しあわせデザイン研究所

Twitter馬渕@しあわせデザイン@mabuchi1961

返信 リツイート 6/14(金) 22:15

返信先:@m_momimi リノベは耐震も断熱も一から やってくれるから安心よ👍 一戸建てじゃなくマンションか! リノベマンション聞いた事ないね🤔

RT @masjp72: 『耐震偽装マンションを販売したヒューザーの小嶋進社長が、国会証人喚問で国交省への事件もみ消しの働きかけを当時官房長官だった安倍晋三氏の政策秘書・飯塚洋氏に依頼していたことを暴露。また週刊ポストによると小嶋社長は「安晋会」に入っていたから、とその関係を説…

賃貸物件は安全面を重視して選ぼう

安全面を考慮した賃貸住宅をお探しの方は、セキュリティが充実しているマンション物件に絞って探してみるといいでしょう。
同じ賃貸物件でもアパートの場合は部屋の玄関を出るとすぐ通路になっており、玄関前までは誰でも入って来ることができます。
その点マンションならエントランスから入って共用部分である通路を通り各部屋の玄関に行く形になります。エントランス部分にオートロックが設置されているマンションなら、入居者以外の人物が簡単に入って来ることはできません。
オートロック設備以外に24時間防犯システムが作動している物件もありますし、管理人が常駐しているマンションもあります。モニター付きのインターフォンやダブルロック等の設備を整えている物件もあり、防犯を意識した造りになっています。
女性の一人暮らしなら防犯設備が充実した女性専用の賃貸マンションがおすすめです。
物件だけでなく周辺環境もチェックして安全面を確保しましょう。

賃貸は耐震性もチェックして選ぼう

賃貸を利用する際に気になるのは家賃、間取り、周辺の環境の良さなども大事ですが、日本は自然災害の多い国ですので、防災対策がしっかりと行われている物件かどうかはよく確認しておきましょう。
特に大地震があった場合はかなりの被害が出ることも予想されますので、耐震性の優れた物件かどうかはよく調べておくことが大切です。
耐震性のチェック 新築マンションや、築年数が新しい物件の場合は最新の耐震基準が採用されていますが、古い物件となると古い耐震基準で建てられていますので、注意して選びたいところです。
物件を選ぶときは構造や築年数はよく調べておき、できるだけ安全性の高い物件を選びましょう。
築年数については昭和56年後半以降に建てられた住宅とそれ以前に建てられた住宅ではかなり耐震性が違いますので、やはり新耐震性基準をクリアした物件はより安心できると言えます。
SRC、RC構造の物件は特に安全性が高いとされていますので、構造についてもよく調べておきましょう。