安全と耐震性

新着情報

◎2017/6/5

リスクヘッジを考えよう
の情報を更新しました。

◎2017/1/19

高級賃貸を持つ条件
の情報を更新しました。

「マンション 耐震」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@jenjen7777kkk他1人 セルシーは耐震が駄目だから 建て直さないとだめやったみたいで 2年前から契約がきれた店と継続契約してなかったようです h2oが再開発するみたいで バスターミナルも新しく出来るみたいです 駅近で公園目の前やからマンション建てて てh2oにお願いしときました

いや、水密構造にすればよい。建築基準法的に厳しくなることにはなるが。 (図書館だとか、なんだとか、建物の条件を付けて) 耐火建築にしたり、耐震建築にしたりしてんだから、もう毒を食らわば皿まで、地下階は軍艦みたいに水密ドア、排水ポンプ必須 #ss954マンションの立体駐車場はポンプ付き

なんかずいぶん安い分譲マンションのチラシが入ってたから見てみたら、立地が災害耐性的に全然ダメで笑ってしまった(特に高潮、地震、津波)。しかもどこにも耐震免震の記載がない。いまこの時分にこのチラシは、なかなか勇気がありすぎる。

Twitterさな@いろいろ読書中@sanaxyz

返信 リツイート 昨日 21:43

10月19日10時より、くにたち市民総合体育館正面入り口前にて、耐震フェアを開催します。木造住宅やマンション耐震化、マンション管理、ブロック塀に関する相談を建築士やマンション管理士に相談いただけます。詳しくは、市ホームページをご覧ください。 問い合せ:都市整備部都市計画課

『明治神宮前』駅から徒歩5分、『原宿』駅から徒歩8分のマンションをご紹介します☆ 原宿の地に佇む新耐震基準適合のマンション😄 5階部分2LDK🌿 【エクセル原宿グレイスコート】higherground.co.jp/?p=11799 #マンション #リノベーション #渋谷区 #明治神宮前 #原宿 #事務所可 #住宅ローン対象 pic.twitter.com/9lQSolD1Gh

Twitterハイアーグラウンド@higherground77

返信 リツイート 昨日 17:28

RT @kazuo57: タワマンに代表される大規模マンションって、住まいとしての性能がクソ高くて、断熱、耐震はもとよりディスポーザー、ゴミ各階出し、共用施設、コンシェルジュ、パーティルーム、貸し出し備品、そして何よりあのカッコいいお家に毎日帰る高揚感なんかは住んだことある人し…

Twitter【Ai_R】森田 剛治@KagekonG

返信 リツイート 昨日 15:48

デベロッパーの考えることなんてシンプルで、行政が作った都市計画に則って儲かる不動産事業をやるだけ マンションとは利便性を買うものであり、職住近接の受け皿として人気があって高く売れるから建てる 木造密集を解消したり、旧耐震の建物を生まれ変わらせたりしてるんだからむしろ防災に貢献してる

返信先:@futennoryu 似たような裁判を投資用マンションで見ましたが、全面敗訴で修繕費枯渇しました。 原告で耐震診断を行う必要あり1千万円、印紙代1千万円、裁判所は建築時の耐震計算ソフトと違うので証拠にならなと敗訴。そもそも過去に大きな地震起きても全く損傷なかったとまで判決文に。

そのビルの耐震性は大丈夫?放っておけない地震対策 #不動産投資 #マンション ift.tt/2BjIRKM

大規模マンションの中に避難設備も用意できれば良いのだけど、デベロッパーはそこまで考えないよね…。 建物を耐震にするとかはあるとしても水害への対応はあんまり聞いたことがない(´・ω・`) #so954

Twitterhirojiiiiiiiiin ⌘ 浩人@coga76

返信 リツイート 昨日 11:26

賃貸物件は安全面を重視して選ぼう

安全面を考慮した賃貸住宅をお探しの方は、セキュリティが充実しているマンション物件に絞って探してみるといいでしょう。
同じ賃貸物件でもアパートの場合は部屋の玄関を出るとすぐ通路になっており、玄関前までは誰でも入って来ることができます。
その点マンションならエントランスから入って共用部分である通路を通り各部屋の玄関に行く形になります。エントランス部分にオートロックが設置されているマンションなら、入居者以外の人物が簡単に入って来ることはできません。
オートロック設備以外に24時間防犯システムが作動している物件もありますし、管理人が常駐しているマンションもあります。モニター付きのインターフォンやダブルロック等の設備を整えている物件もあり、防犯を意識した造りになっています。
女性の一人暮らしなら防犯設備が充実した女性専用の賃貸マンションがおすすめです。
物件だけでなく周辺環境もチェックして安全面を確保しましょう。

賃貸は耐震性もチェックして選ぼう

賃貸を利用する際に気になるのは家賃、間取り、周辺の環境の良さなども大事ですが、日本は自然災害の多い国ですので、防災対策がしっかりと行われている物件かどうかはよく確認しておきましょう。
特に大地震があった場合はかなりの被害が出ることも予想されますので、耐震性の優れた物件かどうかはよく調べておくことが大切です。
耐震性のチェック 新築マンションや、築年数が新しい物件の場合は最新の耐震基準が採用されていますが、古い物件となると古い耐震基準で建てられていますので、注意して選びたいところです。
物件を選ぶときは構造や築年数はよく調べておき、できるだけ安全性の高い物件を選びましょう。
築年数については昭和56年後半以降に建てられた住宅とそれ以前に建てられた住宅ではかなり耐震性が違いますので、やはり新耐震性基準をクリアした物件はより安心できると言えます。
SRC、RC構造の物件は特に安全性が高いとされていますので、構造についてもよく調べておきましょう。